2006年12月11日

玉蘭

<2006年7月29日読了>

桐野夏生「玉蘭」



続きを読む
ラベル:桐野夏生
posted by seven at 02:06| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 桐野夏生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光源

<2006年7月26日読了>

桐野夏生「光源」



続きを読む
ラベル:桐野夏生
posted by seven at 01:59| ニューヨーク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 桐野夏生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

YouTubeを貼ってみる

YouTubeを貼ってみたいと思ったので、試しにやってみます。

続きを読む
posted by seven at 13:53| ニューヨーク ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | ブログパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あ〜いい漢字

ブログには色々とアクセサリ、パーツがあるので、まあ色々と遊んでみようということで。ちょっと目に付いたのはこちら。

あ〜いい漢字というもので、漢字のクイズが10問出されるというものです。


続きを読む
posted by seven at 04:31| ニューヨーク ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | ブログパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

グロテスク

<2006年6月30日読了>

一つの言葉を語源由来辞典より。

グロテスク(grotesque)

グロテスクとは、気味が悪く異様なさま。怪奇なさま。グロ。

<グロテスクの語源・由来>
グロテスクは、フランス語「grotesque」からの外来語。
「grotesque」は、15世紀にローマの地下遺構で発見された古代の模様に由来し、イタリア語で「古代遺跡」「洞窟」を意味する「grotta」から「grotteschi」と名付けられ、フランス語に入り「grotesque(グロテスク)」となった。

この模様は、動植物や人間などを曲線をあしらった異様な模様で、「グロテスク様式」として、ルネサンス・バロック芸術で好んで取り入れられた。
その後、文化や思想など芸術以外の分野でも、「グロテスク」という語が用いられ、異様で不気味な印象を与えるものを指す言葉となっていった。
日本語では、「グロテスク」を略して「グロ」とも言い、「グロい」という形容詞化した言葉も生まれた。

グッチャグチャ作家と命名した桐野夏生『グロテスク』です。この題名、それだけでわくわくするほどのグッチャ度が期待できますw







続きを読む
ラベル:桐野夏生
posted by seven at 14:38| ニューヨーク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 桐野夏生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。